スポンサーリンク

Peseudo Anonymity

実はBitcoinはサトシ・ナカモトの論文では、ユーザーはトランザクションが共通の所有者にリンクされないように、トランザクションごとに新しいアドレスを使用することが推奨されていたのです。

ビットコインの匿名性

クレカ、銀行送金など、既存の送金システムとビットコインを比べると匿名性は非常に低い。

たとえば、支払う側の人と、受け取る側の人は利用する取引所やウォレット、IPアドレスなどから推測が可能であるで。。

 

 

そして、送金額に関してはどうでしょうか。

これはブロックチェーンに書き込まれる情報でわかってしまう。

送金日時についてもブロックチェーンへの取り込み日時などからある程度予測可能なのです。

 

では、この問題を野放しにしておくと、どういう問題が起こるのだろうか。

・振り込まれた額がわかる。

・支払先と支払額がわかる。

 

これだけでどれだけのプライバシーの損失が出るだろうか。

 

サトシ・ナカモトはこれを回避するために、出来る限り身元情報と取引情報をリンクさせないよう考えていたのです。

 

Bitcoin Mixing Serviceといったものがでてきたり、Coinjoinなどがでてきたりで、しっかり回避されています。

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事
スポンサーリンク