スポンサーリンク

PoSとはなんなのか

PoWは膨大なハッシュの計算が必要である。その為マシンも高性能なものになります。

しかし、PoSはその仮想通貨(ここではETH)の保有量に比例して新規発行のETH、つまりマイニング報酬がもらえます。

 

メリット

大きなメリットとして、PoWに比べて圧倒的に消費電力量が少ないという事が挙げられます。

 

もちろんPoSにおいても計算は必要になります。ただ、Bitcoinのマイニングおいて必要なASICも必要ありませんし、上記の通り計算量もかなり少ないです。

ただ、PoW PoS論争においてどちらが良いのかという問題はまだまだ解がでないのかなと思います。

 

イーサリアムハードフォークアップデート

ちなみにイーサリアムにおいて、PoSのアップデートが4段階で用意されており

 

Frontier 2015年7月~

Homestead 2016年3月~

Metropolis 2017年10月~

Serenit 未定

となっております。2018年3月5日現在はメトロポリスになっております。

公式のblog.ethereum.orgにあるEthereum Launch Processにはこういうことが書かれています。

Release Step Four: Serenity

There’s just one thing left to discuss: mining. Proof of Work implies the inefficient conversion of electricity into heat, Ether and network stability, and we would quite like to not warm the atmosphere with our software more than is absolutely necessary. Short of buying carbon offsets for every unit of Ether mined (is that such a bad idea?), we need an algorithmic fix: the infamous Proof of Stake. 

Switching the network from Proof of Work to Proof of Stake is going to require a substantial switch, a transition process potentially much like the one between Frontier and Homestead. Similar rollback measures may be required, although in all probability more sophisticated mechanisms will be deployed (e.g. running both mechanisms together, with Proof of Work dominant, and flagging any cases where Proof of Stake gives a different output.)

This seems a long way out, but it’s not as far away as all that: the work is ongoing.

Proof of Work is a brutal waste of computing power – like democracy*, the worst system except all the others (*voluntarism etc. have yet to be tried at scale). Freed from that constraint, the network should be faster, more efficient, easier for newcomers to get into, and more resistant to cartelization of mining capacity etc. This is probably going to be almost as big a step forwards as putting smart contracts into a block chain in the first place, by the time all is said and done. It is a ways out. It will be worth it. 

Ethereumというブロックチェーン

EthereumがBitcoinと決定的に違うのはSmart ContractやDaapsのプラットフォームという点。

Ethereumではユーザーが誰でも自由にスマートコントラクトの記述・実行ができ、JavaScriptに似たSolidityで記述されています。

また後日これとは別にOpenzeppelinやTruffleの話をかけたらなと思います。(筆者が勉強不足なので少し先になる気がする。)

Twitterでフォローしよう!

おすすめの記事
スポンサーリンク